2018年12月09日

●東京大学生産技術研究所70周年記念展示「もしかする未来 工学×デザイン」

nogizaka_20181209-01.jpg

nogizaka_20181209-02.jpg

nogizaka_20181209-03.jpg

nogizaka_20181209-04.jpg
 東京大学生産技術研究所70周年記念展示「もしかする未来 工学×デザイン」
 長距離でもホットなカーボンプレートによるランニングアシスト、チタンの特性を活かしたアートワーク、呼吸するように収縮する空間オブジェ。おじさんも楽しめましたが、会場の子供達が目を輝かせていたのが何より印象的。

Posted by mizdesign at 23:42 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2018年12月04日

●聴講メモ [EaR Talk SCRAMBLE] 「設計」と「施工」の現在 NY/Boston 調査報告会

 [EaR Talk SCRAMBLE] 「設計」と「施工」の現在 NY/Boston 調査報告会の聴講メモです。
 「設計者主導のデザインビルド」という小笠原 正豊さん (@masatoyo_san) のツイートを見て興味が湧いた。
 日本は施工者主導のDBが伸びていると言われているので、そのカウンターのような視点が新鮮。話を聞いてみたいと思ったときに、報告会があったので参加。
 私はアトリエ事務所に勤めて、今は施工会社にいるので、「設計」と「施工」の話はとても興味深い。更に舞台がNew York とBoston とのことで、最先端の話が聴けそうで興味津々。

■小笠原さんの経歴紹介
 「アメリカが分業がしっかりできている、日本は施工者と一緒に造っていく」という話はよく聞く。
 「Decision Maker がいて、設計者がいる。設計者にはArchitect やEngineerや情報、専門家が含まれる」。このくだりは、とても好奇心が湧いた。「えっ、Architectって全てを統べるんじゃないの?」とか、「AI化が進んだらDecision Maker しか必要ないのでは?」とか。
 「設計者」を英語で言うとどんなイメージですかと質問。設計と施工が分離する前とか、Designerとか。そんな回答で、Designerってそんなに偉いイメージなんだ!と思ったり。Architectって昔からある職能だと思っていたので、かなり意外。
 「役割・責任の明確化が成功する協働へと繋がる」は同意。
 「アメリカのBIMは標準化が進んでいる、日本はこの点で遅れている」というのは、なるほど。「日本はゴムの反発力」は上手い言い方だと思う。

■報告編
 SITUがNavy Yard に工房を構えているというのは、90年代にPratt に通って、閉鎖されたNavy Yard 周辺をウロウロ歩いた身には、隔世の感。ついでにPratt が進出するそうで、さらにびっくり。時代が変化するって面白い。
 NADAA。工事入札価格を抑えるために、波打つ天井のモックアップを設計事務所が作るという話は、その行動力と資金力にビックリ。その分設計料も高いと聞いて、設計事務所の職能の定義が既に少し違う気もする。どのフェーズで作るのかと質問した人がいて、専門的な視点と思った。
 Gluck+。「Architects led design build」。「設計者主導と施工者主導の概念的な違いは?」と聞いてみて、「似てる」と言われて、「でもArchitects led なんでしょ」と更に聞いた気がする。「どちらが契約主体か」といった人がいて、なるほどと思う。
 Kalin Associates。LEED project 等のSpec writing を手掛ける。Spec writer が減少しているというのが意外。実施図と仕様書をBIMでIntegrate というのは図式的なイメージは湧くけれども、実際は波のように押し寄せる変化みたいなものかしらと思う。
 Autodesk BUILD Space。デザインとモノがシームレスにつながる感じ。溶ける感じ?日本にもできるかもとのことで楽しみ。RevitとInsightによるEcotect Analysis を初期に使うという話は、フロントエンド化が進む時勢にのってる。
 MASS Design。リーマンショック後で仕事もないし、設計事務所ってもうからないから、NPOでもやっていける。ルワンダに施工会社を設立するとか、いきなりBIMとか。

 見聞記も、設計者の職能の話も、とても興味深かったです。やはり、実際に体験したこと、ヒアリングしたことを聞くのは、単にネットで情報を得る以上に色々と感じるところがあります。どうもありがとうございました。

Posted by mizdesign at 23:48 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2018年12月02日

●13th Shonan International Marathon

I finished "13th Shonan International Marathon". My time is 3h20m8s (net), which is good enough for me. Good job !
shonan_20181202-01.jpg
 第13回湘南国際マラソンを走りました。今年は藤沢駅前で前泊して、直行バスで会場へ。気温低め、雲が垂れ込める曇天。マラソンには絶好のコンディション。
 後半の寒さ対策に長袖と半袖のシャツを重ね着、曇天なので帽子はなし。ポケットにはピットインリキッドを2本。シューズは先週に続いてwave emperor 2。開始1時間前に荷物を預けて整列場所へ。

shonan_20181202-02.jpg
 9時号砲。1分でスタートラインを通過。先週のつくばは後半の失速が大きすぎたので、今回は4分30秒をちょっと超えるくらいのペースを意図。「前半は足を置くだけー」と沿道から声がしていて、その通りだなと思いつつ走る。給水は毎回少しずつ採る。
 始めの5kmは4分35秒/kmくらいのペースで入って、少しづつペースを上げて、中盤でなんとか4分33秒/kmに。4分30秒/kmを切るペースで前中盤を走った先週と比べると、足は重め。寒さ、天気対策はピタッとはまった感じ。
 先週の反省として、「ふくらはぎはビキビキに攣りそうになったのに、腿は全然疲労感がなかった」ことを踏まえて、今回は腿で足を前に運んで、体幹を使った走りをイメージ。

shonan_20181202-03.jpg
 後半からペースが落ちだすも、5分/kmを少し超えるくらいでゴール。タイムはネットで3時間20分8秒。今回は走り切った!という実感がありました。

shonan_20181202-04.jpg
 珍しく、記念撮影コーナーで写真を撮ってもらう。少し走りが良くなった実感があるので、納得顔。
 素晴らしいボランティアの方々に支えていただき、今年も湘南を完走することができました。本当にありがとうございました。

shonan_20181202-05.jpg
測定地点 スプリット ラップ
Start 00:01:00
10km 00:46:58 0:45:58
20km 01:32:32 0:45:34
30km 02:19:14 0:46:42
40km 03:09:37 0:50:23
Finish 03:21:08 0:11:31
順位 997位

Posted by mizdesign at 23:11 | Comments [0] | Trackbacks [0]