2017年12月10日

●読書メモ 「日本建築集中講義」藤森照信×山口晃 淡交社

 近代建築史家かつ現代建築家と、現代日本画家の共著による、日本建築案内。高い専門知識+能力と、非常にユニークな視点が魅力。実見はほどほどに、スタスタと通り過ぎて、見学後に画伯が先生に感想を伺いつつスケッチにまとめる。このやり取りがとても面白い。

 第一回 法隆寺。揺るぎない美しさと回廊効果。エンタシスの嘘。何度も観たけれども、なるほどと思うことしきり。

 第二回 日吉大社。湿気の多さゆえ、安土桃山の美もしっとり。穴太の石組み。今度行ってみよう。

 第三回 旧岩崎家住宅。ゼネコン・コンドル組もうかる。ニスは失敗。洋館は造形がうるさい。色々やりたかったコンドル先生。趣味のベランダ。九間の広間。以前に行ったときは「さすが三井財閥のお屋敷」と思うだけだったけれども、再訪してみたくなった。

 第四回 投入堂。額みたいな岩、下から生えたような柱、ちょっと凹んで、軒がピュッとなる。平安の美。建物自体完全に木だか石だかわかんない。一度行かねば。

 第五回 聴竹居。モダン建築に和風を取り込んだ最初の建築。だけど辟易。窓枠の面取り。立体幾何学の下地に、複雑かつ几帳面なミニマリズム。観たい。

 第六回 待庵。400年もつバラック。戦場で「囲い」という茶室を造る伝統。開口部を閉めると空間が広がる。がんばって予約して、大山崎行かないと!

 第七回 修学院離宮。平安王朝文化の復活、浄土式庭園。斜め対座軸の書院。なるほど。そうだ、修学院行こう。

 第八回 旧閑谷学校。磨き上げ、漆を塗った「床」効果。土木的力強さの配置、丸まった塀。寝殿造平面の講堂。国籍不明の花頭窓の向こうに白い障子。そうだ、旧閑谷学校行こう。

 第九回 箱木千年家。日本民家の原型、室町時代頃の建築。日本建築史は宗教建築と住宅建築の二本立て。民家=無意識の領域で造られた建築。竪穴式住居の習慣。低い軒、柱のない土壁。集めるのが大変だけど茅葺、茅しかなかったから。そういうもんだ。復元とは?民家が残ってるとは知りませんでした。行かねば。

 第十回 角屋。仕上げと凝りように莫大な手間とお金。土壁に螺鈿!揚屋。青貝の間にてっぺんハジケた花頭窓。外観の町家造り、屋内の武家風造り、インテリアが全然関係ない。建築のインテリアの究極は布化する。書院造→数寄屋。ロマネスク→ゴシック→晩期ゴシック。装飾性を突き詰めると、薄く細く布化。華奢で繊細で、貴婦人のレースの下着。日本の料亭は角屋サバイバル。網代天井、仕切襖。究極の装飾、行かねば!

 第十一回 松本城。関ケ原の合戦以前に造られた、実用に徹した城。5層6階建て。城は日本建築史に突然現れる。先駆けは安土城。構想の基は西欧の教会という説も。城が実用に供されることは極めて少ない。城攻めは兵糧攻めか水攻め。使うときは最期。大砲が発達して、出城は無用の長物に。近代都市は戦争の対象外に。それ以前の都市は、日本なら城下町、ヨーロッパなら城壁で守ろうとした。機会があれば観てみよう。

 第十二回 三渓園。数寄屋の宝庫という点では「東の桂離宮」。数寄屋は外を眺めるための建物。庭とセット。臨春閣は王朝風数寄屋。聴秋閣は「書院のオモチャ」みたいな数寄屋化した書院。ちっちゃくてカワイイ。襖絵は全て精巧な複製。春に観たけれども、また観たくなる。お二人の名調子に、読んでる方まで楽しくなる。

 補講 西本願寺。現存日本最古の能舞台、豪華さの美学二つの書院、薄くて軽い飛雲閣。日本建築のエッセンスが詰まった場所。寝殿造は屋内でキャンプ。書院造は住むために障子・襖をはめて、天井を張って、畳を敷く。さらに床の間 (床と付書院と違棚の三点セット)。その書院造がもっとも豪快に花開いたのが安土桃山時代。聚楽第でピークに達して、二条城や西本願寺につながる。白書院は照明が全て雪洞。その高さのおかけで、金箔が活きている。上から照らすと暗く沈むが、横から照らすと光が反射して金箔部分が明るくなって、絵にすぅーっと奥行きが出る。障壁画と建築が共存。柱とか長押とか建築の基本を明らかにしたうえで、邪魔しないように絶妙に描く。能舞台の奥の松の消えっぷり。聖なる性格を感じさせる曲がった欄干。10年前に縁あって観たけれでも、やはりまた観たい!

Posted by mizdesign at 14:21 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2017年12月03日

●第12回 湘南国際マラソン

syonan_20171203-05.jpg
 12月の第1日曜日、第12回湘南国際マラソンを走りました。今回は奮発して、大磯プリンスホテルに前泊。スタート&ゴール会場は本当に目の前。見事な快晴。

syonan_20171203-01.jpg
 朝5時半起床、6時にモーニングビュッフェ。8時30分に会場目指して出発。既に長い列が形成されており、出遅れた感ありあり。急いでスタートブロックを目指す。途中、いきなり富士山が頭を出していて、その大きさに驚く。

syonan_20171203-02.jpg
 9時号砲。2分13秒でスタートラインを通過。青空の下、右手に湘南の海を見ながらの走りは本当に気持ちが良い。途中から松並木の陰に入り、日陰の中を走る区間が長いので、手袋は着けたまま走る。汗をかくので給水はなるべく採る。

 フォームは胸を張りつつお腹に力を入れて少し引き、腕は小さくたたんで肩を後ろに小さく引く感じ。シューズも慣れてきたのか、先週よりも楽に走れるように感じる。

 10㎞のスプリットが47分32秒だったので、ちょっと遅すぎとペースを上げる。ほどなく3時間30分のペースランナーを抜いたので、やはりスタート出遅れたなと実感。今回は追い抜き走。

 平均4分30秒台を意識しつつペースを調整。目標は4分20分台前半。第一折返し点を過ぎると、途中何度か富士山が正面に見えて、とても印象的。レース全体はとても静かな感じで、淡々と進む。

 32kmを超えたあたりで抜かれ始め、ペースが落ち始める。あとはひたすら足を動かしてゴールを目指す。3時間27分58秒でゴール!

syonan_20171203-04.jpg
測定地点 スプリット ラップ
Start 00:02:13
10km 00:48:58 0:46:45
20km 01:34:21 0:45:23
30km 02:21:25 0:47:04
40km 03:16:00 0:54:35
Finish 03:27:58 0:11:58

syonan_20171203-03.jpg
 中盤はなかなか粘ったけれでも、その分終盤の失速が大きくなって、結局は先週のつくばマラソンから少し早くなっただけ。2週続けてのフルマラソンにしては頑張ったという感じ。快晴と、富士山の眺望が素晴らしい大会でした。

 湘南国際マラソンは運営がとてもしっかりしており、ボランティアの方たちの働きが本当に素晴らしい。感謝の気持ちでいっぱいです。

Posted by mizdesign at 21:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]